日本スポーツ人類学会 第18回大会プログラム

 
 「第18回学会大会プログラム・抄録集」を掲載いたします。

  ダウンロードはこちらです。  【PDF形式 961Kb】

 

  日本スポーツ人類学会 第18回大会のご案内

 
2016年12月19日
第18回大会組織委員長 木内明(東洋大学)

 日本スポーツ人類学会第18回大会を東洋大学朝霞キャンパスにて下記の要領にて開催いたします。
 

1.期日:2017年3月28日(火)〜29日(水)
 3月28日(火)午後1時〜一般研究発表、シンポジウム、懇親会
 3月29日(水)午前9時〜一般研究発表、総会
 

2.会場:
 東洋大学朝霞キャンパス
 住所:〒351−8510 埼玉県朝霞市岡48−1
 懇親会会場:東洋大学朝霞キャンパス食堂

 
 

3.交通アクセス:
 JR武蔵野線北朝霞駅下車徒歩11分
 東武東上線朝霞台駅下車徒歩11分(池袋駅から所要時間約20分)
 

4.大会参加費
 一 般 4,000円 (会員・非会員共)
 学 生 2,000円 (会員・非会員共)
 
 懇親会費 5,000円(一般・学生共)
 

5.研究発表申込み
1)下記必要事項を大会事務局のE-mailアドレス(supojin18@yahoo.co.jp)へお送り
  ください。
  @演題名 A氏名と所属 B発表概要(400字) C使用機材(プロジェクター)
2)申込み締切り日:平成29(2017)年1月31日(火)
3)発表者は必ず1月31日(火)までに大会参加費を納入してください。
4)研究発表は年会費が平成29(2017年)1月10日(火)までに納入されていることが
  条件となります。
 

6.研究発表について
  方法:口頭発表のみ。
  発表時間:1演題につき30分(発表20分、質疑10分)を予定
  ※演題数により、時間を短縮する場合もありますことをご了承ください。
 

7.研究発表時の使用機材
1)発表用ソフトはPowerPointとします。フォントはWindows標準としてください。
2)動画はすべてPower Pointに埋め込み、再生はWindows Media形式としてください。
3)発表用ファイルはUSBメモリーでご持参ください。
4)配布資料は60部ご用意の上、発表開始時刻の30分前に受付にお出しください。
 

8.派遣依頼書
  派遣依頼書の必要な方は、大会事務局までご連絡ください。
 

9.シンポジウムのテーマ:西アジアの身体文化−スポーツ・身体認識の多様性−
  パネリスト:
   子島進(東洋大学)、荒井啓子(学習院女子大学)、石井隆憲(日本体育大学)
  司会:金田英子(東洋大学)
 

10.大会までのスケジュール:
  2016年12月 大会案内発信、発送 
  2017年1月31日(火) 研究発表申込み〆切 
  2017年1月31日(火) 参加申込み〆切
  2017年3月 大会プログラム決定、発信 
 

11.問い合わせ先:
  日本スポーツ人類学会第18回大会事務局
 
  〒351-8510 埼玉県朝霞市岡48-1 東洋大学ライフデザイン学部木内研究室内
   第18回日本スポーツ人類学会大会組織委員会
  пF048-468-6362
  E-mail:supojin18@yahoo.co.jp
  郵便振替口座:00120−3−265412
  (加入者名:第18回日本スポーツ人類学会大会組織委員会)