「第26回TAFISAワールドコングレス2019東京」のお知らせ

 

 
 日本体育学会および日本スポーツ体育健康科学学術連合の参画学会では、現在、2020年9月に横浜で開催される国際会議「2020横浜スポーツ学術会議(通称yokohama2020)」の準備を進めています。 準備の一環として、本年11月に東京で開催される「第26回TAFISAワールドコングレス2019東京」組織委員会と広報協力を行っています。

 TAFISA(The Association For International Sport for All)は、世界170か国・地域に350を越える団体を持つスポーツ・フォー・オールの国際統轄団体で,本部はドイツのフランクフルトに設置されています。

 2年に1度、世界中のスポーツ・フォー・オール団体や関係機関等の参加者が、基調講演やディスカッションといったプログラムを通し、スポーツ・フォー・オールの理念や身体活動を推進するための国際会議として、 TAFISAワールドコングレスが開催されています。

第26回目を迎える今回のTAFISAワールドコングレス2019東京は、TAFISAの歴史上初めて、スイスのローザンヌに本拠を置くオリンピック開催都市連合によるSmart Cities and Sport Summit(11月12日 - 14日)との合同イベントとして、コングレスの初日(11月14日)が実施されます。

 以下の大会ホームページより、詳細をご覧いただくことができます。
 また日本体育学会第70回大会では、この国際会議の専用ブースが設置されます。

 

 【第26回TAFISAワールドコングレス2019東京】
   会期:2019年11月13日(水)〜16日(土)
   会場:都市センターホテル(東京都千代田区)
   ホームページ : https://tafisa-japan2019.jp/jp/

 

 【2020横浜スポーツ学術会議(Yokohama2020)】
   会期:20209月8日(火)〜12日(土)
   会場:パシフィコ横浜ノース
   ホームページ : http://yokohama2020.jp/jp/index_jp.html
 
 


⇒ トップページにもどる